ブロリコスルフォラファン

ブロリコとスルフォラファンは何が違う?

ブロリコとスルフォラファンは何が違うのか、
それぞれの成分について調べるのは面倒だと思いませんか。

 

 

ブロリコとスルフォラファン、どちらもブロッコリーと縁のある成分です。

 

どちらも似たものなら、
値段が安く入手しやすいスルフォラファンのほうが
いいように思えます。

 

 

ただ、それら2つの成分は違うもの。

 

 

両者の違いを知って、
あなたにとってより役立つものを選んでください。

 

 

 

 

 

 

ブロリコとは

 

 

ブロリコサプリメントに使用されている成分名、ブロリコ。

 

ブロリコ成分の特徴とは、試験によって
人が生来備えている病気への抵抗力を高めることが
確認されていることです。

 

 

ブロリコ成分は、繰り返し行われた動物実験によって
他の成分や食べ物と性質が比較されており、
優れた特徴が見られました。

 

 

アサイー、プロポリス、βグルカンなどの
これまで健康に良いとして知られていたものよりも、
人が持っている病気への抵抗力を高めるパワーが高かったのです。

 

 

もちろん動物実験だけではなく、
実際人がその成分を摂取して、体にどんな変化が現れるかも
試験が行われて確認されています。

 

ブロリコは、複数名の人が成分を摂取し、
体の変化を血液検査の結果によって判断するという試験が行われています。

 

 

その試験の結果、ブロリコ成分を摂取した試験対象者は、
病気に抵抗する体の仕組みが活性化する傾向が見られました。

 

 

 

 

ブロリコは、病気に抵抗する力を高めるために良いのですね。

 

 

 

 

 

スルフォラファンとは

 

 

 

スルフォラファンは、
抗酸化作用と解毒作用を持つことで知られています。

 

スルフォラファンの抗酸化作用が体に良いとされている理由は、

 

抗酸化作用によって、酸化によって受ける体のダメージが
和らげられ、肌の老化や病気の発症リスク対策になるためです。

 

 

また、解毒作用によってアルコールの分解をサポートしたり、
ピロリ菌の殺菌にも有効とされています。

 

 

 

ブロリコは、体が生来持っているパワーを高めることを目的とした成分ですが、

 

スルフォラファンは、成分の力で
体の中にある悪いものを処理することを目的としています。

 

 

どちらも病気予防のために良いとされる成分ですが、
その働き方が少し違うのですね。

 

 

 

どちらが良いか迷ったら

 

 

 

ブロリコとスルフォラファン、どちらが良いか迷ったときは
予算と目的で決めてください。

 

 

年齢にともない体力が落ちていることが気になっており、
将来の病気にかかるリスクを下げたい方や、

 

 

薬を飲んで表面化した症状を抑えるだけの治療に
限界を感じており、
体調そのものを病気になりにくいように整えたい方なら、

 

 

少々サプリメントを続ける費用が高くなりますが、
ブロリコが向いているように思います。

 

ブロリコでは、その成分が病気への抵抗力を高めるとされる理由を
メーカーがはっきりと公開していて、

 

怪しく感じたり、もっと詳しく知りたいときは
メーカーが質問を受け付けてくれているからです。

 

 

 

 

一方、できるだけ予算をおさえて
肝臓のサポートや、ピロリ菌対策をしたいときや
抗酸化作用が目的のときには、
スルフォラファンがおすすめです。

 

 

気になることがピロリ菌や肝臓のことに限定されているなら
スルフォラファンのほうが値段が安く続けやすいかもしれません。

 

 

 

理想を言えばどちらも試して良さそうな方がいいので、
ここではブロリコを安く試す方法を紹介します^^

 

 

ブロリコはサプリメントが
公式サイトで安く試せるようになっており
実質無料で試すこともできます。

 

 

こちらの公式サイトでは、
初回限定で割引価格でブロリコサプリメントを提供中。

 

万が一不満を感じたときのための
全額返金保証もついています。

 

 

 

もっと詳しくはこちらをクリック
▼▼▼